ご挨拶

皆様には平素より格別のご高配とご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

人類は農業に頼り栄え、最初の都市が現れたのも当然、世界各地の肥沃な平野であります。現在その最も肥沃な土地の殆どはコンクリートに覆われ、都市居住者は増え続けております。その結果、残る自然生態系は、常により多くの農地を供給するためのプレッシャー下にあります。

食品だけでなく飼料、紡織繊維、医薬品や化粧品原料等、その他多くの農資源は生産地から加工、販売、そして最終的に消費される場所までかなりの距離を移動し、持続不可能な量の温室効果ガスを発生させております。

危機的な状況に感じられるかも知れませんが、視点を少し変えると産業界や消費者に向け、野菜や機能性作物を生産する方法を根本的に変える機会にも我々には見えました。

一流の専門家とサプライヤーを集い、水と肥料の合理的な使用と作物の栄養品質の最適化を目指し、完全に自動化されたシステムの作成に取り組みました。 そして現在、不安定な農産コモディティー市場のリスクマネージメントに悩むお客様に一流の植物工場ソリューションを提供できることを我がチームは誇りに思っております。

果たして、農家の方々への影響は如何でしょう?

「立体農業」が伝統的な農家の生計を置き換えることはありません。世界中には、まだ70億人の人々を養う必要があります。 しかし農家のニーズも進化しているのではないでしょうか?特に若い世代の農業就業者の多くは、今まで家族を有毒製品にさらしてきた農法に疑問を呈しています。 また、自由な週末と予測可能で安定した収入を伴う農法に頼り、より柔軟なライフスタイルを楽しんでいきたいと考えている方もいらっしゃるのは事実です。 当社の無農薬のコンテナーソリューションは、より持続可能な生産方法に農場を移行しながら、活動を簡単かつ確実に多様化するための理想的な選択肢として提案しております。

当社のセールス部と技術部総員は、フィージビリティ調査からオーダーメイドの植物工場のコミッショニング、およびメンテナンスを含め、貴社のプロジェクトのあらゆる段階でお客様に専門知識を共有することに全力を尽くして差し上げます。

ブルカーン・フレデリッキ

代表取締役会長